ハウルの動く城

昨日、風邪ッぴきで調子が悪い中
宮崎駿監督最新作『ハウルの動く城』を見てきた。
宮崎映画は全てチェックしてるのさ。

前回の『千と千尋の神隠し』とは世界観が全くちがったよ。
個人的には『ハウル』の方が好き。
魔法もたくさんでてきて、キャラクターもなかなか
個性的なやつがおおくて、特に劇中にでてくるブッサイクな犬。
これがまたブサイクなんだけど、かわいいの!
その犬のせいで、久しぶりに映画館で爆笑しそうになって、
あーつらかった。

面白いところは声を出して笑ってもいいと思うんだけどねー。
なんか日本の映画館はあまり笑いが聞こえない気がする。
って、海外の映画館は知らないけど。。。えへ。
あーそもそも、コメディ映画はあまりみないからなぁ。
どっちかというと、顔に似合わず、ラブロマンスとか
ヒューマン映画が多いから。
癒し系とか泣けるッぽいやつとか哲学っぽい映画は結構好き。
サスペンスとかもみるけど。

話は戻るけど、宮崎映画には色んなメッセージがこめられていると思う。
僕なりに感じた今回のキーワードをこんな感じ。
「自由」「愛」「戦争と平和」「自然」「家族」「高齢化社会とやさしさ」
これはあくまでも僕が感じたのであって、人それぞれ感じるものは違うと思う。

しかし、久しぶりに心温まる映画だったよ。
でも、一番印象に残っているのはあのブサイクな犬なんだよなー。
[PR]

by massy81 | 2004-11-25 11:34  

<< 平塚市の名店 ゾロ -ZORO- 気持ち新たに >>