駆け込み乗車。

仕事帰り。
いつもの僕の帰宅ルートは鶴見から京浜東北線で
横浜に出て東海道線に乗り換えだ。
しかし、今日は最近、本数が増えて話題の湘南新宿ラインが
ちょうどホームに入ってくるのが見えたので、東海道線のホームではなく、
横須賀線のホームへ走った。

急いだものの、出発まで時間があり、僕は運良く座れた。
ほっと一息ついて、出発を待っていると、ホームに発車のベルが鳴り響いた。

そこへ、乗り換え階段から若いOL風の女性が2人駆け上がってきた。
そして、閉まりかけたドアをスルリとすり抜け、1人目は入れたの。
でも、もう一人はどうがんばっても、入れそうにはない状況だったのさ。

僕ならどっちの立場でも諦めるね。
ところが、先に中に入った女性は無理やりドアを開けようと、
ほとんど閉まっているドアにカバンを入れて脚をねじんでいる。
車内の人間はみんな注目している。

そしてしばらくして、電車のドアも異変に気づいたのか、一瞬だけ開いたのさ。
そこへ、外にいた女性が飛び込もうとしたが、タイミングが合わず・・・。
無情にも電車のドアはプシュー・・・という音ともに閉まってしまった。
先に乗った女性は申し訳なさそうに、外に置き去りになった女性に手を振った。

電車が動きはじめて、置き去りになった女性が見えなくなったころ、
彼女は今まで必死だったために気づかなかった車内の微妙な
空気にきづいたのだろう。

そ~と。後ろを振り向く女性。
当然みんなが見ている。
中には必死に笑いをこらえている人もいるくらいだ。
そして、最悪のタイミングで車内アナウンスが流れたのだった。

「えぇ~駆け込み乗車は 非常に危険ですのでおやめください。。。」

その瞬間、僕の向かいに座っていた二人組みのサラリーマンが
大声で笑い始めたのさ。
それが起爆剤になったのか、車内にいたほとんどの人が笑ってしまった。

それ以後、その女性は車両をかえることもなく、ドアの脇に立ち、
ずっと外の景色を見たままだった・・・。
その背中には哀愁すら感じたよ。
きっと、駆け込み乗車に間に合わず、置き去りにされた女性の方が
幸せだったに違いない。
・・・そう思いながら、なぜかまた笑ってしまう僕でした。
[PR]

by massy81 | 2004-12-09 02:27  

<< 『Bar 会-e』 警察24時。 >>