ハト。

僕の部屋にはベランダがある。
そして、そのベランダの手すりには、毎朝1羽のハトが止まるんだよね。
べつにただ止まるだけなら、全くもって問題は無いのだが、
このハトめ、堂々とフンをしていくんだよ。

ベランダへ通じるドアは半透明のすりガラスなんだけど、
ハトの姿がうっすらと見えたら、ガラっとドア開けて
追っ払うんだけど、時すでに遅し・・・。
くぅ~・・・。また白いのが付いてる・・・。

んでもって、さらに腹が立つのが、そのハト、追っ払ってもマンションの
屋根に止まって、じっとこっちを見てるんだよね。ドアを閉めてしばらく
すると、バサバサって飛んできてまた、うちのベランダの手すりに
止まるんだよ。

まったく何とかならないもんかね?
カラスに奮闘している農家の気持ちが少しわかる気がするよ。

そんなこんなで、僕はあまりハトは好きじゃない。

いつも職場の最寄り駅(JR鶴見駅)からバスに乗るんだけど、
そのバス停にも大量のハトがいてさ。そのハトに餌をやっている
ホームレスとか見ると非常に腹がたつんだよね。

アンタそんな余裕あんの!?ってことよ。

いかんいかん。こんなことを言っているようでは、
ますらおぶりの高みには到底たどり着けないね・・・。

もっと、寛大な気持ちを持つように心がけるようにしよう。
[PR]

by massy81 | 2004-07-05 18:36  

<< 帰社日 ピート・ファウラー >>