2004年 06月 29日 ( 1 )

 

メロンボール。

a0031838_1802.jpg今日は朝からとても暑い。
職場は私服OKなのに、なぜかスーツを着て出勤している僕には
かなりキツイんです。

毎朝、会社に着くと購買で飲み物を買うのが日課なのだが、
今日はあまりの暑さについついアイスに目が行ってしまった。

ジーーーーーーーー・・・・!?
これは! 懐かしのメロンボール!
この独特のケースにそそられるんだよねぇ。

しかし、朝から職場でアイスってのは大人としてどーなんだろ?
・・・まぁいーか。どうせ誰もいないし。
―そう職場の朝はほとんど僕しかいないのさ。

自席について、早速、ビニールを破り、あのかわいらしいフタをパカっと外して、
気分は猪木風味。 いくぞぉーーー!! 1っ!2っ!3っ!
プルルルルルルル・・・・・。
・・・・まっ・・・まさか・・こんな時にお客から。

「はい、もしもし、おせわになっておりますぅー。」 (勘弁してくれ~)
「ええ、はい・・・そうですねぇ。」 (あ~あ~なんか溶け始めたよ)
「・・・そうなんですか。えぇ。えぇ。」 (な・・・長い)
「え?今からこちらにですか?わかりましたお待ちしてます」 (もう・・だめぽ。)

ガチャ。・・・受話器を置く手に力はない。
目の前のメロンボールは既に半分液体だよ?
すでにスプーンは要らないね。

まぁ早めに食べ・・・。
客A:「すいません。お待たせしましたぁ。」 (早っ!全然待ってないよ!)

すばやくメロンボールにフタをしてPCの裏へ隠して、客と話すこと5分。
客A:「では失礼しますぅ」 (やっと帰ったよ・・。)

もう現実を直視できないよ。
あきらかにPCの熱でメロンボールの入れ物は汗をかいているし・・。
おそるおそる、フタを開けてみる。
ふにゃぁ~。 まぁこんな感じだろうと思ったよ。

しかしねぇ、捨てるのはあまりに勿体ないじゃない?
ちょっと飲んでみようかな。チョットだけよ・・・。

マズっ!!!

なつかしのメロンボールは悲しくも儚くトイレに流され、
あのそそられる入れ物は、ゴミ箱の中で輝きを失って転がっている。

やっぱ、朝からアイスはマズイよねぇ。
[PR]

by massy81 | 2004-06-29 18:01