2004年 07月 30日 ( 1 )

 

やきとりと実験用のネズミ

やきとり屋さんって、普段あまり行かないんだよね。
居酒屋で料理の一品としてやきとりを注文することはあるけども。

きのう、医療研究所で腎臓の研究をしている友達と一緒に、
地元の「やきとり屋」へ行ったんだけど、やきとり屋さんの
やきとりって美味しいのね。
まぁ、それが売りなんだから、普通の居酒屋より美味しいのは
当たりまえと言えば当たり前なんだけど・・・。

で、その友達、研究用のネズミをここ1ヶ月で数十匹殺してるっていう
話をしていたんだよね。うーん。そういう命があってこそ現在の医療は
発展しているのかぁ・・・。としみじみと思ってしまったわけさ。

しかし、そのあと疑問に思うのは、ネズミで実験したあとは、
もちろん人間でもやらなきゃダメでしょ?ってこと。
だって、人間の為の医療の研究なんだからね。

そこで、「人体実験もやるの?」と聞いてみる。
そういう高額なバイトがあるっていうのは聞いたことがあるけど、
実際にあるのか興味深々だったからだ。

答えはやっぱり実在するらしい・・・。
そりゃそーだよね。じゃなきゃ人間に効くかどうかわからないもの。

その後、その友達は面白い話をしてくれたのよ。
人体実験の際に、当然、実験用の新薬を飲んでもらうだけど、
複数いる検体の中には、薬じゃなくて、ただの砂糖の塊とかを
飲ませられる人もいるんだって! 
どうやら、新薬と思い込むことで、効果が出てしまうことがあるかららしい。
本当に効いたかどうか確認するために、
そういうラッキーな検体も必要なんだって。
まさに、「病は気から」だね。

え? やきとりと何の関係があるかって?
うーん。人はいろんな命のおかげで成り立ってるんだなってことよ。
[PR]

by massy81 | 2004-07-30 10:33