2008年 12月 22日 ( 1 )

 

DELL SC440 - CPU 換装 -

前回のメモリ引き続き、次はCPUを換装する。

購入時に付いていたCPUは"PeniumD 940 3.2GHz"。
うーん。正直微妙なCPUだ。
発熱は多いし、Core2でもないし…。

ここはギューンと最近のCPUにしたいね。
…ということで、これまた動作実績を調べてみる。

ふむ。さすがにNowでヤングなCPUは動かないか。
チョイ前のCore2QuadのCPUでQ6600,Q6700あたりは
動作実績アリだね。

Core2Quad Q6700はあまり売っていないので、
Q6600を購入。
お値段は19450円ナリ。
まぁここにコストがかかるのは仕方ないか。

http://www.toeimusen.co.jp/~ph/

さっそく家に届いたCPUを早速換装作業。

SC440のでっかいヒートシンクのネジを緩め、
前方に引くとCPUが顔を出す

PentiumD 3.2GHzを取り外し、ピカピカのQ6600 2.40GHzを設置。
きれいにグリスを塗ってヒートシンクを元に戻して、
ハイ。終了。

では電源ON!

…何事もなくBIOS/OS上であっさり認識。

あとで調べた事だが、Bselmodという裏技?みたいな方法があるみたい。
BIOS上でクロックを変えることができないマザーの場合に、
CPUかマザーボードでアルミホイルなどでわざとショートさせて、
システムバスを1,066MHzさせるらしい。

既にサクサクと動くし満足だからけど。
Bsel modも試したかったな…。
安全と信頼をお金で買ったようなものだよ。

次回はビデオカードだ!
[PR]

by massy81 | 2008-12-22 21:42